岩本デンタルクリニック

京都市右京区 の 岩本デンタルクリニック
(歯科・小児歯科・歯科口腔外科)

TEL 075-325-0184
京都府京都市右京区西院四条畑町5-10 畑町秋田ビル 101

西院駅の岩本デンタルクリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ


デンタルニュース

岩本デンタルクリニック
Facebookページ

※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
HOME»  診療案内»  歯周病

歯周病とは

歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏)という病気です。

 

歯周病のメカニズム

メカニズム その1 <細菌の繁殖>

歯垢(プラーク)や歯石がたまると、ここをかっこうのすみかとして歯と歯肉の境や歯と歯の間、歯のくぼみなどに細菌が繁殖します。この細菌こそが歯周病を引き起こす原因となります。

■歯垢(プラーク)とは
歯のくぼみ、溝についている細菌が歯垢です。歯の表面で育ったバイ菌が主成分です。この細菌は、人間の口に入る食物をエサとして、増加する性質があります。そしてこの細菌が格好のすみかとしているところが、歯と歯肉の境、歯と歯の間や、歯のくぼみなどです。

■歯垢から歯石へ
歯垢の中の細菌は、唾液の中のカルシウム成分と混ざり歯石(しせき)をつくります。目の非常にこまかい、小さな空洞のある軽石状のものが歯石です。歯石には栄養分が含まれているため細菌にとっては非常にありがたい「たまり場」でもあります。
また、歯石は、古くなるにつれて、どんどん硬くなっていき、ブラッシングでは取れません。

メカニズム その2 <歯肉炎>

歯肉炎というのは、歯肉と歯肉線維が炎症を起こした状態で、歯の根のまわりの柔らかい組織だけが、歯垢の中に含まれている細菌によって侵されている状態です。
この歯肉炎がすすむと歯周病になるのですが、歯肉炎になれば必ず歯周病になるとは限りません。
年齢や体の抵抗力、そして細菌の種類、歯肉の性状によってまちまちです。

メカニズム その3 <歯ぐきから血が出る>

■出血するしくみ
出血するのは、歯と歯肉の間にポケットができ、その内側の歯肉に炎症が存在するからです。
そこへ歯ブラシをかけたり、リンゴをかじったりして物理的な刺激を与えると、血がにじみ出るというわけです。
歯ぐきから血が出るということは、細菌がそこに存在しているということであり、歯周病の徴候といえるでしょう。

■出血する場所
【歯肉の内側】
血が一番多く出るのは、細菌に接している歯肉の内側です。
ポケットが深いほど悪質な嫌気性菌が繁殖している可能性があります。

【歯肉の外側】
歯肉の外側から出血することもあります。
この場合、ポケットの底はかなり強い炎症を起こしていることが予想されます。

■痛みについて
歯周病は、上記のとおり、歯ぐきに物理的な刺激を与えると出血はしますが、一般的には痛みはありません。そのため、歯周病のことを別名「沈黙の病気」ともいわれています。

メカニズム その4 <歯の根と歯肉がはがれ、歯槽骨が溶ける>
歯肉だけに起きていた炎症がさらに進行し、歯の根の方に侵入していきます。
骨と歯根膜を溶かしながら細菌が侵入してくると、炎症した病気の組織である歯肉などは歯の根と離れていきます歯肉の組織がおかされてしまうために、歯の根に接着していることができなくなるからです。歯周炎の原因となる細菌は、さらに歯の根を溶かしていくことになります。
最終的には、歯の根のまわりの骨をほとんど溶かしてしまうため、歯はそこにとどまることができずに抜け落ちることになります。

 

歯周病の原因

歯垢(プラーク)や歯石

歯の周囲に付着する細菌性の歯垢や歯石が、歯肉と歯の根の間の、いわゆるポケットの中に侵入していって、その中で繁殖をくりかえすことによって、歯周病を進行させていきます。

細菌

細菌が歯肉や歯槽骨に炎症を起こし、その炎症をさらに進行させながら、細菌自体が増殖し、さらに、その細菌が組織を侵す攻撃力が強まり、歯周病が進行します。

全身疾患

血液疾患、高血圧、糖尿病などの全身性疾患が歯周病の原因になることがあります。またそのほかにも、ストレスなどの精神的なものや、ホルモンのバランスなどもこれに加わります。さらに、服用している薬、あるいはアレルギーやビタミン欠乏などもこの因子とみられます。
全身性の疾患にかかりますと、抵抗力が弱まって、炎症や外傷を起こしやすくなります。

詰め物・かぶせ物の不適合

詰め物・かぶせ物が合っていないと、隣の歯と段差ができてしまい、段差部分に歯垢(プラーク)が付着しやすくなりますので歯周病になりやすくなります。
金冠や陶材のクラウンなどを歯にかぶせたり、入れ歯をすると食べカスがたまりやすい状態になります。または、歯肉の形態がデコボコしていたり、歯と歯肉の境目がくぼんでいたりしても、食べカスはたまりやすくなります。

噛み合わせ

歯の噛み合わせが悪いと、磨き残しが多くなる可能性が高くなり、歯周病の原因である歯垢(プラーク)が除去できない状態になりがちです。
また、頭痛、肩こり、めまい、食欲不振などの全身疾患へ繋がってしまうこともあります。

 

予防するには

正しいブラッシングでプラークコントロール
プラークコントロールとは、歯垢(プラーク)を調節、管理すること、すなわち歯周病の直接の原因である『歯垢(プラーク)=細菌の塊』の増殖を抑え、歯周病を予防しよう!ということです。
歯周病の原因は歯垢(プラーク)ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためにはまず、正しいブラッシングを毎日実行することです。
歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。
歯垢(プラーク)は食事するたびに歯に付着しますので、毎日、または毎食後、自分で歯磨き、歯間ブラシ、デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールする事が可能ですが、すでに歯周病にかかっている方は歯周ポケットが深くなっているため、歯周ポケットに入り込んだ歯垢(プラーク)を自分で除去する事は難しいので歯医者で歯垢(プラーク)を除去してもらわなければなりません。

ポイント

しっかりと歯と歯の間に入れる
シャカシャカ音をさせない

最初はブラシが歯と歯の間に入っているか、鏡で確認しながら行いましょう。

電動ブラシについて

普通の歯ブラシで磨ける様になってから行うのが良い

手で磨くときと同様にブラシがしっかり当たっていることが重要!

歯磨き粉について

・基本的に最初は歯磨き粉を使用しないで行う。
(歯磨き粉をつけたことによって磨いた気になってしまうのを避けるため)
・齲蝕にも歯周病にも、クロルヘキシジン(殺菌剤)が有効成分です。

 

再生療法

再生療法とは

歯の寿命を延ばすために、歯周病で溶けてしまった骨を回復させることを目的として行います。
代表的な歯周組織再生療法には、次のようなものがあります。


エムドゲインを利用した治療
エムドゲインゲルとは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料のことです。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供のころ、歯が生えてくる時に重要な働きをするたん白質の一種でできています。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の下、幼若豚の歯胚から抽出精製したもので、2001年12月現在、世界28カ国で使用されています。
歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインゲルを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現することができます。こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促し、健康な歯周組織を取り戻します。

■治療の流れ

【1】
骨が欠損している部分に、再生を促す薬を入れます。
骨ができるのに約1年かかります。その後、レントゲンなどで評価を行い、もう一度骨の状態を調べます。骨の状態によっては、再度手術を行い骨の形態を整えることがあります。(その場合、費用は別途いただきます。)
【2】
治療後2週間は、歯ブラシを当てることができません。
そのため、術後のクリーニングは治癒を良くするために非常に重要になります。
喫煙は再生療法に限らず、すべての手術の治癒を妨げます。喫煙による失敗は保障いたしませんので禁煙していただくようお願いします。
 
【3】
手術後1年間はもちろんのこと、その後も定期的なクリーニングが非常に重要です。メインテナンスに通っていただけない場合、再発する可能性があります。万が一、メインテナンスを受けていただけない場合に歯周病が再発しても補償しかねますので、必ずお手入れに通って下さい。
 
【4】
翌日の消毒に加えて、3日後、10日後、20日後にクリーニングをさせていただきます。また、術後は毎月、クリーニングをさせていただきます。
 
【5】
歯に対する負担を減らすために、マウスピースを就寝時につけていただく場合があります。

その他、ご不明な点はスタッフにお気軽にお尋ねください。

GTR

GTR(組織再生誘導法Guided Tissue Regeneration)法は、疾患の進行を抑制するだけでなく、喪失した歯周支持組織を再生させる新しい術式で、部分的に溶かされた歯槽骨を回復させる治療方法です。

骨移植

歯周組織を回復させるために自己骨や人工骨を移植して歯周病で溶けてしまった骨を回復させます。

■どこから採取するか
自己骨の場合、下顎の別の場所から移植します。神経や血管の通っていない部分を選んで移植するので安全です。